踊る1401便

星間旅行は今日も続く

期待は外れるし、求めても得られないよっ‼︎の続き

f:id:lego-island:20160703164747j:plain

前回記事の続きです。

legolife.hateblo.jp

 

この話しは文面だけでは中々分かりにくいので、解説も込みで書かせて頂きます。

なんせ、直接対話でも数回に分けないと理解出来ない内容だったりするのです。

 

ではでは、どうぞ。

 

 

希望を捨てろってこと?

表面的にはそうなります。

 

希望する未来を強く意識すると、それが潜在意識に組み込まれます。

それを、そのままの形に留めるのです。

 

潜在意識は顕在意識の100万倍も強いので、「潜在意識が選んだ通り」に物事が運びます。

 

運ばれた物事(目の前にある、今やるべき事)を、きちんと行う事によって、最初に希望した通りの結果を得られる様になります。

 

未だ成っていない未来への願望を手放し、今に集中すること。

それが「期待をしない」という事なのです。

 

 

期待をすると、顕在意識が疑うんよ

顕在意識で期待をすると、一見変わらない現状から「やっぱり何も変わらないじゃないか」と捉えてしまいます。

 

すると、徐々に「やっぱり何も変わらない現状」が潜在意識に組み込まれていきます。

潜在意識はとても強いので、「何も変わらない現状」を選び続け、運んでくれます。

 

これが「現状が変わらないメカニズム」です。

 

思い当たる節、ありませんか?

 

 

本当は変化が起きているのにね

未来を心に決めた時、例えば「俺はブログで生きていく‼︎」とか、「海賊王に俺はなる‼︎」と誓ったとします。

 

すると潜在意識が稼働し、それに必要な情報や状況、仲間が集まってきます。

本来はそのままにしておくのがベストなのですが……。

 

厄介なのは時差。

 

全てにおいて、心が決めた瞬間にエネルギーの流れが変わるので、それに伴い環境変化も起きています。

しかし、事象として直ぐに現れない事が往々にしてあるのです。

 

もしくは、期待と真逆の出来事が起きたり。

ほとんどの場合が、ここで躓いてしまうんですよね。

 

そして、目の前の事を指して「変わらない」と考えるのは前述の通り。

自分と、自分が起こしたメカニズムを信じ切れば良いだけなんですけどね。

 

時差が起きるのも必然です。

 

そして心を決める前と、決めた後では、起きる事象が一見同じに見えても全く異なります。

 

 

状況や出来事ではなく、心の在り方が大事

状況や、起きた出来事自体に意味はありません。

自分がそれをどう捉えるかが大事なことになります。

 

潜在意識が運んだ物事は、全て事を成すために必要で、必然だから起きます。

そのため、心を決める前と決めた後では、一見同じ事象でも、性質が全く異なるのです。

 

「起きた事象全てが必要な事」と捉えられるかどうかです。

そう捉える事が出来れば、潜在意識はそのまま稼働します。

 

しかし、現状を見て疑うのであれば、潜在意識は疑った方向に組み替えられていきます。

 

そのため、目の前の状況や出来事自体には意味がなく、自分がどう捉え、考えられるかが大事なのです。

 

前回記載した「心の在り方」はここに帰結します。

 

一見上手くいっていない事も「何故うまくいかなかったのか」と考えるために必要な要素だったりします。

そこから新しいアイディアを得たり、必要な情報が入ってくるのです。

 

結果、全ては上手くいっています。

 

期待をすると、現状を疑うきっかけにつながります。

その結果「得られないスパイラル」にハマっていくのです。

 

 

 

以上です。

潜在意識の活用は、現代科学でも研究の真っ最中。

ですが、コーチングや医療の現場では既に活かされています。

 

メンタルが現状を変えるというのは、単純な精神論ではなく、人間のメカニズムなのです。

 

目には見えないけど、古い常識にはないけど、間違いなくあるもの。

 

従来常識として「そんなことあるはず無い」と思われていたのと同じ位、「そんなことある」と現代科学が証明していっています。

 

それらも全てマルッと上手に活用していきたいものです。