読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊る1401便

星間旅行は今日も続く

セレンディピティは制限と定義の外に

考え方 生活 日常

f:id:lego-island:20160530210326j:plain

わたしは人に恵まれています。

 
親、家族、友達、会社の先輩…
出会った全ての方から影響を頂き感謝ばかりです。
 
わたしの周りの方達と話しをすると、多々興味深い話になります。
 
 
最近は「セレンディピティとバリバリ出会う方法」を得ました。
この方法、皆さんも一緒に考えてみてください。
 
 

セレンディピティって?

セレンディピティとは、素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること。また、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値があるものを偶然見つけること。平たく言うと、ふとした偶然をきっかけに、幸運をつかみ取ることである。 
 
ですって。
素敵な偶然。良い響き。
 
では「素敵な偶然にバリバリ出会う」にはどうしたら良いのでしょう。
 
実は考え方一つで簡単に出会えます。
ほんと、メッチャ簡単。
 
 

人って制限をかけちゃうんよね

人の可能性は無制限。

マジで本気の真剣なら何だってできます。

制限をかけなきゃね。

 

皆さんは他人と自分を差別化をする時、制限を設定していませんか?

 

そんな事はないよー、と思われるかも知れません。

でも、例えば「わたしはピーマンが嫌い」、「文章を書くのが苦手」、「初対面がダメ」とか考えた事はないでしょうか。

 

「嫌い」は拒否ともとれますよね。

 

拒否をする事で自己を保つのは、エヴァンゲリオンのATフィールドに近い感じです。

ココは私の領域だから入って来ないで‼︎

といった具合に。

 

これが「制限」であり「個性」とも呼んでます。

 

そして「制限の集合体」で「わたしとは〇〇である」と「定義」し、自分を「固定概念」で縛っていませんか?

 

本当はそんなもの無いハズなんですけどねー。

 

 

成功とか幸せだって定義しちゃうよ

成功や幸せも人それぞれの「定義」です。
 
私はコレが上手くいったら成功できる‼︎
宝クジが当たれば幸せになれる‼︎
 
みたいな。
 
でも、「セレンディピティ」は制限や定義の外の物なんですよね。
 
ここでもう一度セレンディピティを振り返ってみましょう。
 
 

セレンディピティって何だっけ?

セレンディピティとは、素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること。また、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値があるものを偶然見つけること。

ウィキペディアより

 
「探しているもの」とは別の価値=新たな価値観でした。
なので古い価値観=固定概念とは違います。
 
「コレで成功する‼︎」の「コレ」や「宝クジ」だけでは無いってこと。
 
成功や幸せのアプローチは一つではありません。
 
 
誰かの価値観に合わせなければ、幅が大きく広がります。
 
わたしも他人の価値観を基準にしなくなってからは気持ちが楽になりました。
制限って重みでしかないんですよね。
 
身と気が軽くなると、フラットに物事を観察できるので、一見の偶然から発展して面白い展開になっていきます。
 
 
 
「制限」や「定義」を元にすると視野が狭くなりがちです。
結果、新しい価値観に気が付かずチャンスを逃すのはもったいない。
 
手に荷物を沢山持っていたら、新しい荷物は持てません。
 
制限や定義の思い込みを捨てる事で「セレンディピティ」とバリバリ出会い、幸運を得られるのだと思います。
 
ほら、メッチャ簡単でしょ?
 
 
制限や定義が良い悪いって話ではありません。
でも、突き抜けてる人って流動的な方が多いのも事実なんですよね。
 
 

今日の仮説

セレンディピティと出会うには
 

制限をしない

定義をしない

 
 
こんな感じ。
どうでしょう?