読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊る1401便

星間旅行は今日も続く

引寄せの法則って本当にあるの?

考え方

 

f:id:lego-island:20160518223943j:plain

昨日、友人と面白い話しになった。

 
「引寄せの法則」って本当にあるの?
 
そんなスピリチュアルーな話題。
 
根っからのサイエンスボーイである私には何とも苦手な分野だ。
そんな私だが「まぁ、あるんじゃない?」が答えなる。
 
今日はその根拠を私なりに書いてみたい。
 
 
尚、記載している事項に対し、スピリチュアルの見地から反論を頂いても困惑し、戸惑い、悩み、迷って苦笑いしかできない。あ、結構ある。
なので気になる点があっても見逃して欲しい
 
また便宜上、言葉を一般的な解釈に置き換えている部分もある。
科学の見地から攻めるのも勘弁して頂けると嬉しい。
いや、ホント勘弁してください
 
さあ、たっぷりと防衛線を張ったところで、始めよう。
 
 

科学からみた「引寄せる」の根拠

人間の細胞を細かく分けていくと、現段階での最小単位は「素粒子になる。
素粒子はエネルギーであり、エネルギーは同質のものを引きあう性質がある。
 
なので、類は友を呼ぶし、スタンド使いスタンド使いを呼ぶ
オラもっと強え奴と闘いてぇ‼︎と望んだ悟空は強敵を呼び続けた。
(地球が毎度毎度ピンチになるのはお前のせいだ。ブルマ談)
 
 
世の中にある全てのエネルギーは振動している
止まっている様に見えても実は微細に揺れているのだ。
 
素粒子も同様なので、揺れれば音が生じ周波数が決まる
そして周波数のエネルギーは、同じ周波数のエネルギーを呼ぶのだ。
 
これが基本的な考え方である。
 
 
 

音叉の実験

f:id:lego-island:20160518230946j:plain

これは有名な「共鳴」の実験。
同じ周波数が響き合うのを証明している。
 
・やり方・
①机の上に「ラ」の音に反応するようにチューニングされた音叉を立てる。
②「ラ」の音叉の右側に、もう一つ「ラ」の音叉を置く。
③左側には「ソ」の音叉を置く。
④中央の「ラ」の音叉を鳴らすと、右側に置かれた「ラ」の音叉が共鳴する。
 
同じ空気振動であるにも関わらず「ソ」の音叉には反応しない
 
これは法則だ。
法則は100%同じ結果になる。
 
また中央に置かれた「ラ」の音叉を延々鳴らし続けると、振動が机を伝わり「ラ」の音叉同士が引合いぶつかる。
 
これが「似た者同士が引合う」ということ。
周波数は、物質が揺れた際に生じる音が根本になる。
 
つまり、同じ音を出せば必然的に引き合うことになるのだ。 
 
 

何で引寄せられないの?

そもそも先の法則は奇跡を起こす類のものではない
 
ただそこにある。ものだ。
 
引寄せる、引寄せないの話ではない
「エネルギーの性質の話し」なので、法則を知っていようが知るまいが勝手に法則として常に稼働している。
 
皆さんは重力の理論をご存知だろうか。
重力を目で見たことがあるだろうか。
 
目に見えなくとも、理論を知らなくとも、勝手に稼働するのが法則なのである。
そんなものに奇跡を期待するのが変な話だ。
 
逆にいえば、構造が理解出来れば活用する事が出来る
 
エネルギーの向きを変えれば、スピリチュアル的な引寄せの法則は簡単に発動するだろう。しないかな。することもあるかも。たまにしないかも。
でも、うん、するよ。きっと。
 
 

でも出来ひんよ‼︎

そりゃそうだろう。
自己啓発の97%は失敗すると言われている。
 
なんせ「潜在意識」が変わっていないから
 
メンタルの構造として「顕在意識」と「潜在意識」がある。
この「潜在意識」を働かせないとダメ絶対。
 
皆さんが何かを考える時に使うのが「顕在意識」。
無意識にあるのが「潜在意識」だ。
 
この「潜在意識」は「顕在意識」の10,000倍強いとされている。
 
なので、どれだけ頭で「絶対に上手く‼︎」と考えても、潜在意識で「やっぱダメかも」と少しでも思っている時点でダメ確定だ。
 
戦闘力1万のヤムチャが53人集まっても、戦闘力53万のフリーザには勝てない
よーいドン、で53ヤムチャはムチャしやがってになる。
アリが恐竜に勝てるとおもったか?
 
なので、潜在意識で無理だと思ってる間は、その法則に則り97%の確率で負ける算段なのだ。
 
 

じゃあ、どうすんの?

無理に抵抗するから体が緊張を起こし、上手くいかないのだろう。
気を楽にして、流れに身をまかせれば良い
 
先の法則で言えば、焦りやストレスは次の焦りとストレスを呼ぶ
 
泣きっ面にハチというヤツだ。
 
 

何をしたら良いん?

まずは望むイメージ(音)、そして行動すること。
 
そして、最も大事なのは「外に結果を求めない」こと。
外に結果を求めると、ストレスになり97%の失敗例に入ってしまう。
 
「外の結果」とは、お金、名誉、成果、地位などの「外的要因」の事を指す。
これらの外的要因が得られなかった時、苛立ちやストレス、または自己否定が芽生え状況は悪化する。
 
なぜ「外の結果」が必要と感じるに至ったのか、その根本を探るのが本質になる。
 
お金を得て何がしたかったのか、名誉を得て何がしたかったのか。
果たして、それらは「目的」なのか「手段」なのか。
それが本質だ
 
この本質が潜在意識に組み込まれれば、10,000倍の力で自己実現していくのではないだろうか。
 
 

んで 

結果、最後は安い自己啓発プログラムの様になってしまった
しかもスピリチュアル寄りな。
 
実際、引き寄せの法則があっても無くても関係ない
やりたいことはやれば良い。
テクニックに走り、上手くいかないと嘆いてストレスになれば元の木阿弥だ。
 
ただ、メカニズムとして知っていると便利なのは確かだろう。
この記事を読んだのも、あなたが引寄せたのかもしれない。
 
全ては 必要 必然 ベストなタイミングで起きている
 
テクニックにばかり気を取られると、最も大切なことを見落とす。
 
 
自分と向き合い、本質的に「内的結果」を求めることが最も大事なのだろう。
 
 
 
なので私はスターを求めない。
ブックマークも求めない。
 
でもきっとこの記事見た人は押していく…。
指が引き寄せられるように……。
 
ほーら ほーら